生産管理システム


概要

生産管理システムとは工場の製造業務の流れ(受注(所要)・発注(作業指示)・生産・入庫・出荷)を追番を使い一貫して管理する為のアプリケ-ションソフトです。
今、製造業では必要とするものを必要な数だけ生産し決められた納期に供給するという柔軟性の高い生産管理システムが求められています。
当社の生産管理システムはあらゆる生産形態に対応いたしており無駄のない生産管理を行うことが出来ます。
今からコンピュ−タ−を導入し生産管理を実現しようとお思いのお客様に簡単オペレ−トの当商品を使用して頂き快適な運営を実感してもらいたいものです。
アプリケーションの説明をします。 まず、アプリケーションは「マスタ管理」「受発注・出荷管理」「入庫生産実績管理」「帳票印刷」の4種類で構成されています。
【マスタ管理】 基礎情報となるマスタ(台帳)を管理するプログラムです。 部品に対する情報をはじめ、仕入先(外注先)や得意先(依頼元)の情報を管理します。
【受発注・出荷管理】 受発注や出荷に関する情報の管理を行うプログラムです。 受注が合った商品から必要部品を呼び出し、発注書や作業指示書の印刷・工程管理台帳の印刷を行います。 通常業務の中心になるプログラムです。
【入庫実績管理】 入庫や実績の登録を行うプログラムです。 バーコードリーダを用いて、受け入れ処理を行います。 これも通常業務の中心となります。
【帳票印刷】 各種帳票を印刷します。

[業務の流れフロ−チャート] [作業工程フロ−チャート]



特徴

このアプリケ−ションの特徴は全て追番で管理している為作業進捗状況がリアルタイムで表示出来納期等の調整がしやすくなっていること。作業進捗表画面サンプル
入庫・生産実績の入力をバ−コードリ−ダを使って行う為敏速なおかつ正確に行えること。
発注時親部品を入力することでその下の階層の子部品も展開発注することが出来ること。(構成マスタ入力必要)
部品マスタ登録画面で工程順序が入力することが出来るので仕様別で作業指示書に工程順序が表示されわかりやすくなっていること。
作業指示書のチェック項目の違い等により複数の種類の作業指示書が必要なときにも対応していること。
発注部品分納の場合は入庫登録のとき残分の分納納品書が自動的に印刷されること。
社内作業終了後に外注加工に出す場合とその逆で外注加工終了後に社内作業をする場合にも対応していること。


作業進捗表画面

                                    

 

         


お問い合わせ・資料請求は、ここからメ−ルにてお願いします。

sales@i-fatec.co.jp